生涯学習 社会人大学の勉強ノート

概要

市民社会と法('12)

 

共通科目 一般科目 社会系
平成24年度開設科目
受講:2013年1学期
試験:2013/7/28 13:15-14:05
授業形態:ラジオ

 

第1回-3回 長谷川 晃 北海道大学教授 法学博士
第4回-6回 白取 祐司 北海道大学教授 法学博士
第7回-9回 松久三四彦 北海道大学教授 法学博士

受講、履修の動機と目的

受講の動機はいろいろあるが、シラバスをみていて、市民という言葉の意味するところがよくわからない。国民と市民ってどう違うのだろう。また法とはなんだろうなどの疑問。
法律の上では、こういう問題はどうなるのだろうという考え方なども得ることができるという期待。
平成24年度1学期の試験の平均点が 73.8点で、比較的簡単なんじゃなないだろうか。法律の専門知識がない人でも、理解できるかもしれないという期待。
試験が日曜日である。7月は仕事が忙しいと予想されていて、平日は受験ができないかもしれないから。


----------------------------------------------

概要と目的・動機など関連ページ

感想・受講結果・成果など
管理人自身が生涯学習として学ぶ記録とノート。放送大学の「市民社会と法」感想・受講結果・成果
第1回 法的な世界の成り立ち
第1回 法的な世界の成り立ち
第2回 法と権利保障
管理人自身が生涯学習として学ぶ記録とノート。放送大学の「市民社会と法」 第2回 法と権利保障
第3回 諸法の相互関係と法の解釈
管理人自身が生涯学習として学ぶ記録とノート。放送大学の「市民社会と法」第3回 諸法の相互関係と法の解釈
第4回 刑法のある風景 刑法の役割
管理人自身が生涯学習として学ぶ記録とノート。放送大学の「市民社会と法」第4回 刑法のある風景 刑法の役割
第5回 正当防衛と緊急避難
管理人自身が生涯学習として学ぶ記録とノート。放送大学の「市民社会と法」第5回 正当防衛と緊急避難
第6回 情報を盗むことの刑法的意味
管理人自身が生涯学習として学ぶ記録とノート。放送大学の「市民社会と法」第6回 情報を盗むことの刑法的意味
第7回生活と民法
管理人自身が生涯学習として学ぶ記録とノート。放送大学の「市民社会と法」第7回生活と民法
第8回 売買
管理人自身が生涯学習として学ぶ記録とノート。放送大学の「市民社会と法」第8回 売買
第9回 損害賠償
管理人自身が生涯学習として学ぶ記録とノート。放送大学の「市民社会と法」第9回 損害賠償
第10回 労働条件
管理人自身が生涯学習として学ぶ記録とノート。放送大学の「市民社会と法」 第10回 労働条件

サブメニュー