生涯学習 社会人大学の勉強ノート

市民社会と法

市民社会と法のテキストがまだ新しいうちに撮影。
けっこう汚してしまうんだよな。


市民社会と法記事一覧

概要と目的・動機など

市民社会と法('12)共通科目 一般科目 社会系平成24年度開設科目受講:2013年1学期試験:2013/7/28 13:15-14:05授業形態:ラジオ第1回-3回 長谷川 晃 北海道大学教授 法学博士第4回-6回 白取 祐司 北海道大学教授 法学博士第7回-9回 松久三四彦 北海道大学教授 法学...

≫続きを読む

 

感想・受講結果・成果など

通信指導をWEB」で提出。ケアレスミスで8/10、けっこう悔しい認定試験は2013/7の予定

≫続きを読む

 

第1回 法的な世界の成り立ち

法の網の目法というものが成り立って人間社会ができる。法の意義古代ローマの格言社会あるところ法あり集団の中では一定の社会秩序(チンパンジーでも)BC21C 古代シュメール ウル・ナンム法典BC17C 1750 古代バビロニア ハンムラビ法典BC5C 古代ギリシャ、ローマ 都市国家慣習法 12表法BC3...

≫続きを読む

 

第2回 法と権利保障

法の網の2つの見方規則=法法は、規則の集合体刑法を考えるとわかりやすい法律要件、構成要件と、法律効果、量刑市民が何をしてはならないか裁判官がどう判断するか刑法だけではなく民法でも。709条の損害賠償その他、 国家賠償法 独占禁止法 生活保護法 労働基準法などの法律も、要件と効果という形態制定法はこの...

≫続きを読む

 

第3回 諸法の相互関係と法の解釈

どのように体系的にとらえられているかそれぞれの法は、決して無関係ではない。相互関係がある。憲法をTOPとするハイアラキーという面国家の基本法権利と国家の枠組み様々な法律が人権に対応して作成されている。それぞれの場面で規律している。民法、最初に憲法に則した民法解釈の指針がある。法と権利の網の目は、憲法...

≫続きを読む

 

第4回 刑法のある風景 刑法の役割

刑法のある風景 刑法の役割白取祐司教授刑法とは何か。法律のひとつ。国会で定めた規範法律の中でも、刑に関する法、国によっては犯罪法(Criminal Law)犯罪と刑罰に関する法律刑法と刑法典(日本では明治)

≫続きを読む

 

第5回 正当防衛と緊急避難

1法令行為 死刑の執行35条2正当業務行為 ボクシングの選手 刑法典35条3正当防衛 反撃 裁判でもっともよく登場する36条4緊急避難 災害からの避難、ドアを壊す37条条文に規定がある違法性を否定するだけの正当な理由、根拠があるから特別に違法性が否定される

≫続きを読む

 

第6回 情報を盗むことの刑法的意味

他人の財物を盗めば窃盗罪だが、情報はどうだろうか。現在社会は情報社会だが、情報は財物ではない。情報とは、あることがらについてのしらせ。社会的にみて重要な知識個人情報、医療情報、企業情報社会で許されない行為に対する刑法社会は変わる。刑法は1907に成立刑法が社会に追いついてない。処罰が妥当な行為でも、...

≫続きを読む

 

第7回生活と民法

様々な権利と義務、法律や契約によって決まる形式的意味の民法 六法全書、民法典実質的意味の民法 民法典に入る予定、不動産登記法、供託法 民法の内容を補充、信託法 修正するもの、利息制限法、借地農家法民法は、私法の一般法私法と公法 公法は、国や自治体と人、国家機関  命令、服従 私法、人と人との間  人...

≫続きを読む

 

第8回 売買

約束には、法的な意味をもつ契約ともたないものがある。日曜日に映画を見に行く、食事をする法的な意味をもたない。裁判で強制、損害賠償契約は、当事者の合意により権利義務関係が発生する裁判所に、権利の実現、損害賠償の訴えができる契約申込みと承諾の意思表示合致売りますと買います売買契約とは財産の譲渡(所有権移...

≫続きを読む

 

第9回 損害賠償

不法行為法という名前の法律、法典があるわけじゃない。不法行為に関する規定の全体を指して、不法行為法という。基本的な仕組み 不法行為の成否 損害賠償の範囲 賠償額の算定不法行為法の目的、機能は、損害補てん、被害者救済誰と誰に、生じた損害をどう分担するか副次的に、制裁機能、事故予防機能がある。類型と無過...

≫続きを読む

 

第10回 労働条件

1-1労働法では、従属労働と評価している。労働者の地位は低い、弱いとしているa取引上の地位(経済的従属)b使用者の指揮命令で働く(人格的従属)1-2生存権の保障憲法25条従属性ゆえに低賃金、長時間、危険、失業等の弊害自分や家族の生存さえ危険になる1-3団結権憲法28条交渉力を高めるために、団結他、労...

≫続きを読む

 

----------------------------------------------

サブメニュー