生涯学習 社会人大学の勉強ノート 人文系

芸術史と芸術理論

けっこう面白い講義。面白い・・・というより「熱い」かな。先生の気持ちがこもった名講義だと思う。


芸術史と芸術理論記事一覧

概要と目的・動機など

芸術史と芸術理論('10)一般系人文系科目平成22年度開設科目授業形態 テレビ青山昌文 放送大学教授受講:2012年1学期試験:2013/1 2012/7 仕事上のトラブルがあって試験会場に行けないことに。2学期に再試験を受験。単位はもらえたw

≫続きを読む

 

感想など

いろいろトラブルがあったのだが、再試験で単位はもらえた。成績はA〇で、けっこうばんがってテキストは読みこんだ。

≫続きを読む

 

第1回第2回第3回

この授業を受講し始めた2012年には、他の形態で、ノートをまとめようと思っていた。芸術史と芸術理論ところが、まあ、いろいろ仕事の上で、大トラブルにみまわれ、試験にも行けなかったが、学習も中断してしまった。それでも、次の学期の再試験はなんとかパス。ノートはおいおいまとめて(清書)していこうと思っている...

≫続きを読む

 

第4回 ロマネスク

ロマネスク美術超絶のプラトン主義クリュニーの修道士ラウル・グラーベル「歴史」南フランスのモワサック緑おおい町サン・ピエール教会ロマネスクの大彫刻がはじまった11C中ごろ西に正面があることがおおいのだが、解体工事で結果として南に南側の扉1110年ごろ古代ローマの滅亡、大彫刻は作られてなかったせいぜい1...

≫続きを読む

 

第5回 ロマネスク輪廻転生のプラトン

ロマネスク美術輪廻転生のプラトン美術3つのノートル・ダム・ラ・グランド教会ポワティエの町左右の塔が特徴的市場が1000年、広場で。そういう場所で、演劇もエミールマールが指摘している。さまざま彫刻、細かいこの地方石が柔らかい中央の入り口にタンパンがあるロマネスクは、でも、ここは石のタンパンが存在しない...

≫続きを読む

 

----------------------------------------------

サブメニュー