重陽について

重陽=ちょうようは、いわゆる五節句の一つで、9月9日のことだ。陰陽思想というのがあって、奇数は陽の数だという。9は陽数の極だ。この9が重なる日であることから「重陽」と呼ぶようになったということだ。まあ、何となく、重陽の節句という言葉は覚えていたが、起源や意味合いまでは考えたことがなかったな。菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべた酒を飲むくらいのことしか知らない。
陰陽思想は、よくわからないけども、なんでも奇数の重なる月日は陽の気が強すぎるため不吉とされていて払いの行事として節句が行なわれきたようだ。ところが後になると、陽の重なりを「吉」とする考えに転じて祝い事となったという。コペルニクス的転回だな、これ。

 

菊花酒(菊の酒)は、平安時代からの風習らしい。
食用の菊花を食材とするようになったのは、室町時代のことだと言われている。青森県、秋田県、山形県などが主な菊の産地になっている。


----------------------------------------------

重陽関連ページ

教育に関する旧記事
生涯学習、資格、教育のコラムと記事
IT業界を目指す学生への旧記事
IT業界を目指す学生への旧記事 生涯学習、資格、教育のコラムと記事
石鹸について面接授業
石鹸について面接授業
酵素について
酵素について 生涯学習、資格、教育のコラムと記事
とんでも科学w
生涯学習、資格、教育のコラムと記事 とんでも科学の講義
体育の日
生涯学習、資格、教育のコラムと記事 体育の日について
仏和辞典
仏和辞典 生涯学習、資格、教育のコラムと記事

サブメニュー